健康な歯を残すことができます

歯が欠損してしまった時、よく行われる治療法にブリッジ治療があります。これは、抜歯した歯の両隣の歯を削って土台にし、そこに数歯分連なった人口の歯を橋を架けるように連結する治療法です。治療費が安く抑えられるといったメリットもありますが、健康な歯まで削ってしまうのは惜しいですよね。それに土台のために削った歯は、虫歯になりやすく、その寿命も短くなってしまいます。インプラント治療は、ブリッジ治療とは対照的に健康な歯まで削る必要はないため、残った歯を長い間使い続けることができます。

天然歯のように食事を楽しむことができます

食事は、ただ栄養を補給することだけを目的にしているのではなく、リラックスできるひと時でもあり、日々の活力を得る場でもあります。それに、おいしい食事をとることは人生における最大級の娯楽であるとも言えます。ですので、人工の歯で食事を取る場合であっても、食事は存分に楽しみたいですよね。インプラント治療は顎の骨に人工の歯根を埋め込むため、食事時にぐらついたり、違和感を感じるといったことあはありません。そのため、せんべいのような固い食べ物や、スルメのような噛み切りにくい食べ物であっても、気兼ねなく味わうことができます。

満開の笑顔を向けることができます

もし取り付けた人工の歯の見た目が気になったら、毎日の生活の活力は少し失われてしまうかもしれません。きっと大切な人へ満開の笑顔を向けることも少なくなると思います。ですが、インプラント治療の人工歯には、自然な白さと透明感がある素材が使われているので安心です。周りの歯に自然に溶け込み、人工の歯であることを周りの人に意識させません。そのため、快活にお喋りを楽しむことができますし、満開の笑顔だって何回でも相手に向けることができます。

吉祥寺のインプラント治療のできる歯科医院では、最新鋭の医療機材を使っています。歯茎や骨の中には重要な神経が通っているので傷つけないようにするため、3次元CTスキャンが使われます。