今注目を集める血液クレンジングとは

血液クレンジングが今、注目を集めているのはご存知ですか。簡単に説明しますと、一部の血液を体内から取り出して、医療用のオゾンガスで洗浄する事でサラサラの血液に変えるというものです。もともとはドイツなどのヨーロッパ諸国で研究がすすめられ、取り入れられてきたもので、ここ数年で日本でも注目を集める様になってきています。とはいえ、まだまだ普及段階なので、すべての医療機関で行えるわけでは無いので、専門の医療機関での受診が必要になります。

血液クレンジングで得られる効果

血液がサラサラになると言っても、血液クレンジングで実際に得られる効果とはどの様なものなのでしょうか。血液にオゾンで酸化ストレスを与える事で抗酸化力が高まり、老化防止や健康増進に繋がります。免疫力の向上にもつながるので、免疫力が低下しているがん患者の方などにはまさに最適といえます。また、パーキンソン患者の方の諸症状の改善にもつながったという症例が多く挙がっているので、高齢期を迎えた方には特に効果的な施術といえるでしょう。

実際の血液クレンジングのやり方

実際の血液クレンジングの実施過程はまず、血液を100ml程抜き取り、専用容器に移します。その後、オゾンガスを注入して、混和させ、体内に戻します。この過程すべて込みで30分程度です。1度きりでは短期的な効果しか期待が出来ないので、月に1回から2回程度の実施が望ましいとされています。パーキンソン病やがん患者などの重篤な症状を抱えているという方以外にも肩こりや腰痛、冷え性などの症状に悩ませれているという方にも効果が期待できるので、それらの症状に悩まされている方は試しに数回実施してみてはいかがでしょうか。

血液クレンジングとは献血で本人の血液を採取し、その採取した血液に酸素を注入して再び本人の身体に輸血する事です。