お水を沢山飲んで体の中から潤いを満たそう

女性なら誰でも、潤いのある素敵な肌に憧れますよね。メイクのノリが良ければ、毎日嬉しくなれると思いますが、季節の変わり目や、肌が乾燥することってありませんか。元々、皮脂が少ない乾燥肌の方もいると思いますが、お肌の水分を満たすには、体の中から十分にお水を飲むことが大切です。最低でも一日2リットル飲み、運動をすることで、新陳代謝が活発になり、肌に潤いが生まれてきます。汗をかく位、運動をすることが大切です。

加湿器やサウナを利用しよう

乾燥肌の為には、お肌の水分を蒸発させないことが大切になりますので、加湿器を部屋で使うことをお勧めします。電化製品のイオンスチーマーなどを使い、スキンケアを行うと、肌の新陳代謝が活発になり、潤いを閉じ込めてくれます。毎日夜に使い続ける度に、肌のハリやツヤを感じるようになると思います。また入浴だけでなく、サウナに入り、大量の汗を発汗することで、体全体を温めることができ、肌の潤いや透明感を感じることができます。

スキンケアは保湿重視で考えよう

入浴後や、サウナに入った後は、すぐに肌を保湿することが大切です。肌が柔らかいうちに、保湿効果の高い化粧水や、美容クリームなどを付けることで、肌の奥まで浸透することができます。ハンドプレスでしっかりと保湿しましょう。とても乾燥している場合には、化粧水を付けた後に、美容オイルで整えることをお勧めします。ココナッツオイルや、ホホバオイルは保湿効果がとても高いので、使い続けると、肌がしっとりと滑らかになってくると思います。

高齢者は加齢によって新陳代謝が低下していることから肌の潤いが低下しやすく、乾燥肌になるリスクが増大しています。日頃から健康管理に気を配ることが肌のトラブルを回避するための心得です。