がんとはどういった病気か

がんは、体のどこかに悪性の腫瘍が出来る事によって発症する病気の一つです。主に、中年になってから発症しますが、最近では子供であってもがんを発症してしまうケースもあるために一概には言うことができません。治療では、腫瘍を摘出する事によって治療を行いますが、がんは転移をする事もあるためにそうなってしまうと再手術が必要となってしまうために、非常に厄介な病気とされており、不治の病として発表されることもありました。

現在行われているがん治療

がん治療は、多く存在しますがその中でも特に行われているのが抗がん剤治療であり、がん治療に特化した薬を投与する事によって腫瘍を無くすと言った治療です。最も効果的な治療とされている反面、副作用が酷く吐き気がしたり髪の毛が抜けてしまったりします。他には、漢方を使用した治療があります。こちらは、腫瘍を無くすと言う点では抗がん剤治療と変わりませんが、副作用が少ないために近頃増えてきたがん治療の一つでもあります。

がんを発症しないために出来る事

がんは、日本人の二人に一人が発症するとされている病気であり、非常に多くの人が発症している事が分かります。理由は様々ですが、がんは早期発見によって予防する事も可能です。不治の病とされてきましたが、早期発見によって完治する事も出来る様になりました。また、原因は様々ですが普段の生活において食生活や睡眠状態を改善するだけでも十分な予防になるために、健康状態を保つためにも規則正しい健康的な生活を送る事こそが発症しない第一歩でもあります。

がんと診断されるとそれだけでも目の前が真っ暗になります。どのくらい生きられるのかとかいろいろ頭の中を巡ってきます。がんを患うと5年生存率という一つの基準があります。この間、無事に過ごせるかというのがまずの目標になります。がんは、細胞が変異したもので、血液やリンパにより体の中を動きます・がんが転移しなければ、ひとまず安心してその後を暮せます。